話し方教室 ● 一級弁士養成塾

■ サイトマップ

塾長の紹介
 | 
超会話力の重要性
 | 
指導方針
 | 
NYラウンジ
 | 
ヒルトンラウンジ
 | 
Q&A
 | 
ダルマンマの販売
 | 
企業プロフィール
 | 
お問い合わせ
一級弁士養成塾長の紹介

ホンモノの話し方=弁力を身につければ必ずや豊かで幸せな人生おくることができると確信しています。 自分の人生を切り開くのは皆さん一人ひとりの精進次第なのですから。

話し方教室塾長

話し方教室の一級弁士養成塾にアクセスいただき有難うございます。
欧米ではスピーチ教育が盛んです。教育の骨組みが日本とは明らかに異なります。自分の主張を自分のことばで言い切り、人を動かす(win friends)。これこそが今の時代に求められるべき教育の原点でしょう。
日本古来の婉曲的な表現法や遠慮、相手を傷つけない独特の言い回し、さらには「寡黙さ」を美徳とする伝統は世界に類を見ません。しかしグローバル化が猛スピードですすむ世界においては、意見の対立を避けようとする寡黙なリーダーは世界中どこを探してもいないのです。この点、日本は出遅れてしまった感があります。
日本文化の否定を促すつもりは毛頭ありません。むしろこれまで以上に日本人は日本人らしくあるべきだと思います。しかし、日本が世界から着実に孤立しつつある、この最大の原因がコトバの使い方にあるという事実は見逃すわけにはいきません。コトバで武装するという点に至っては完全な無防備状態だとさえ言えます。諸外国から批判されるとオロオロする日本人の姿はもう見たくはありません。
一級弁士養成塾では「弁力(べんりょく)」」という言葉を提案します。「話し方教育」という陳腐な響きから脱却し、学問的基盤に則った真のコトバ教育を今すぐ始めましょう。日本人は英語がダメ、と言われ続けて一世紀が経過してしまいました。しかし、「弁力」もダメと言われ続けて更なる一世紀を経過させるわけにはいきません。ズシリと思い日本の伝統を世界に発信するには「英語力」と「弁力」の双方を兼ね備えた日本人を一人でも多く排出する必要があるのです。
巷には溢れるほどのスクールや教室が繁殖しています。それ自体、弊害だとは申しませんが、金儲けが背景に見え隠れすると感じるのは私だけでしょうか。レッスンという陳腐な言い方にも抵抗を感じています。
着実に破滅の道を歩む日本。決して大袈裟な話ではありません。本来、賢明で誠実な日本人に「英語力」と「弁力」の双方が美しく調和したときに初めて、本当の意味での明治維新が終わるのです。
話し方教室の一級弁士養成塾が平成の世直し塾であり続けるために、私は自分の人生を弁士養成に捧げます。命を賭けて取り組む姿勢をどうか皆様にご理解いただき、叱咤激励をしていただきますようお願いする次第です。

福澤幸嗣のサイン

● 今日までの経歴

◆ 出身
1961年、東京都に生まれる
◆ 学歴
明治学院大学英語英米文学科(BA/Speech Communication)/米国Michigan州Hope College(Japan-US Intercultural Communication)/英国Cambrige交歓留学
◆ 職歴等
株式会社学習研究社(学研)第三編集局勤務後、1991年退社、英語雑誌Globe Press創刊を手掛ける。米国ニューヨークを中心に取材活動後、1994年株式会社Bilingual Japan代表取締役社長に就任、英検一級塾企画室長、主任講師も務める。この間一貫して英語、英語演説を研究・指導。また米国本土、ハワイ、グアム、パラオ、オーストラリア等で数々の英語研修セミナーを手掛ける。2010年現在、株式会社フロントロー代表取締役社長、一級弁士養成塾塾長、一男を含む4人家族。
◆ 弁士大会実績
毎日新聞杯、NHK杯、キャセイ・パシフィック航空杯、マッカーサー杯全国学生英語弁論大会で優勝、その他、ホノルル市長杯、金子・ウィラメッド杯全国学生英語弁論大会他、数々の大会で優勝入賞、英語弁士として活躍する。出版社勤務時には全国実業団英語弁論大会で出版社初の全国優勝が話題になった。

塾長掲載媒体
アンダー