話し方教室 ● 一級弁士養成塾

■ サイトマップ

塾長の紹介
 | 
超会話力の重要性
 | 
指導方針
 | 
NYラウンジ
 | 
ヒルトンラウンジ
 | 
Q&A
 | 
ダルマンマの販売
 | 
企業プロフィール
 | 
お問い合わせ
Q&A 弁塾質問集

話し方教室弁塾に対してよくある質問を掲載しております。これ以外の質問等に関しては遠慮なくお問い合わせください。 迅速・丁寧に回答させていただきます。

Q→1 どんな方が入塾できるのでしょうか?

A→一級弁士養成塾の精神を理解され、弁力向上に日々努力をしようとされる方ならどなたでも歓迎いたします。政治家をはじめ弁護士、医師、教師等、専門職に従事される方、あるいは起業家や経営者の方が主な対象だと思います。職業による制限はございませんので安心してお問合せください。

Q→2 東京以外の拠点はございますか?

A→2007年6月弁塾ニューヨーク校が開講、ニュージャージー州に関連会社事務局がございます。今後は、大阪、香港、バンコクホノルルに弁塾ラウンジを開設する予定です。

Q→3 「学費返納制度」について教えてください。

A→指導にご満足いただけなかった場合には「学費返納制度」をご利用いただくことが可能です。その場合は速やかに返金に応じさせていただきます。 判断の基準は受講者の方に委ねられております。

Q→4 パンフレットを送付していただけますか?

A→パンフレットはございません。DMや電話での勧誘も行っておりません。塾長が直接、説明をさせていただきます。ウェブページでは可能な限り内容の開示、更新を行っております。ご覧いただければ嬉しく思います。

Q→5 無料体験は実施していますか?

A→『体験入学コース』を設けております。遠方の方もご相談ください。可能な限り対応させていただきます。

Q→6 東京以外でも指導は可能でしょうか?

A→可能です。世界の紛争地域を除き、どこでも出張させていただきます。

Q→7 厳しいのでしょうか?

A→真に責任感のある指導であれば厳しいのはむしろ当然のことだと思います。罵声を浴びせるという種の厳しさではありませんのでこの点はご安心ください。愛情溢れる懇切丁寧な指導を信条としております。「笑いが絶えないのは意外だった」とは受講者皆さん共通の印象のようです。

Q→8 「話し方教室」とはどう違うのですか?

A→「品よくマナーよくしかも上手に話す」が話し方教室の目標であるならば「理想の人生を達成する弁力を身につけること」が弁塾での目標です。 「話し方」とは目的を達成するための手段であって、それ自体が目的ではないのです。コミュニケーション能力を発揮することが大切なのです。 話し方以上に大切なのは生きる姿勢です。会話や話し方について学ぶことは大切ですがもっと大切なのは生き方なのです。

Q→9 「緊張」や「ドモリ」は矯正できるのでしょうか?

A→生身の人間なら誰でも緊張したりドモったりすることはあるものです。先ずはコミュニケーション理論の立場から緊張やドモリのメカニズムを検証します。見違えるように変身を遂げ自信を取り戻すことでしょう。「社会不安障害」は重度でない限り悩みすぎないことも大切です。

Q→10 宿題等は課されるのでしょうか?

A→出来るようになって帰宅していただきますので基本的に宿題はありません。自宅でできる「弁力」向上プログラムに関しては個別にフォローさせていただきます。

Q→11 1クラス何名でしょうか?

A→弁塾での指導は『One Dayセミナー』を除き、一対一の方式を貫いてきました。何ごともマンツーマンがいちばんだからです。個別プログラムに沿ったあなただけの指導が弁塾にはあります。理論から実践、実践から理論へと随時フィードバックができるため短期間に効果を引き出すことが可能です。プライバシーを重視する方にも安心です。

Q→12 プライバシーは守られるのでしょうか?

A→ご安心ください。プライバシーは厳重に守られております。

Q→13 グループで指導を受けることは可能でしょうか?

A→可能です。詳しくはメールにてお問い合わせください。

アンダー